玄米でチャーハンを作ると絶品!

玄米でチャーハンを作ると絶品!

久しぶりに納豆チャーハンを作ってみました!

発芽玄米にハマっている私ですが、玄米をチャーハンにすると美味しいんですよね!

特に発芽玄米を作る過程で二日間近く水に浸してから炊く玄米は水分を充分に含んでいてふっくらとして美味しいんです。

しかし水分を含んでいる分腐りやすいのが特徴。

梅雨の時期や夏場は一日で食べないと腐ってしまいます。

しかし一日で食べきれない事も良くあって。

そんな時はすぐにタッパに入れて冷蔵庫に保存します。

冷蔵庫に保存された発芽玄米は時間が経つと冷気で固くなります。

そのまま冷たいご飯を食べるのはなんとなく気持ちが憂鬱なので、この冷蔵庫玄米を使っていつもチャーハンを作るのです!

このチャーハンが絶品!!!

中身はふっくら白米、そして皮はぷちっと歯ごたえのある玄米の良さが活かされていて、普通に食べる炊き立ての発芽玄米よりも私は好きです。

モチモチ感も倍増して、モチモチなのにぱらっとしているチャーハンが出来上がるのでスゴイ!

しかも白米のようにベタッとしていないので、誰でもパラパラの本格チャーハンが作れます。

そして今日は冷蔵庫に食材がない日でした。

冷蔵庫の中を見渡すと…

卵と納豆と魚の缶詰くらいしかありません。

そこで私は久しぶりに納豆チャーハンを作る事にしました!

学生時代料理好きの友達が「納豆チャーハンを作った」と言う話をしていて、その頃はまだ納豆に免疫がなかった私は「えーーーっ!納豆チャーハンなんてありえない!!」と大変驚きました。

しかし料理上手な友達が納豆チャーハンはチャーハンの中でも一番美味い!と絶賛するので興味を惹かれました。

しかし納豆嫌いだった私。

納豆を食べる事自体抵抗がありました。

後日友人宅にて納豆チャーハンを作ってもらい食べる事になったのですが…

人生にして最大の勇気を振り絞って納豆チャーハンを一口。

すると意外や意外。

「美味しい!」と言う感情がわきあがってきました。

この日、私は納豆と言う食べ物を克服。

食わず嫌いって怖いですね~。

それ以来納豆はもちろん、納豆チャーハンが大好きです。

しばらく作っていなかったので、久しぶりに食べる納豆チャーハンの味に友人のことを思い出した一日でした。

アウディA4セダン

シーブリーズでさっぱり

最近梅雨の時期真っ只中で、夜の子供たちの寝付きが大変悪いです。蒸し暑く風も通らないので汗がダラダラと出ています。エアコンも使って良いのですが、もう少ししてから解禁でいいかなと思ってしまい、窓を開け放ちなるべく外の空気を部屋に入れようとしています。

しかし、新陳代謝の激しい子供たちはそんなことは無意味であり、眠りにつくその時からすでに汗をたくさんかいており、一晩に二回くらいシャツを着替えさせてあげないといけない程の汗をかいています。口々に暑い暑いと騒いでいて布団から落ちて、布団よりは冷たいフローリングに体をくっ付けて寝るほど暑がっています。

あまりに暑がるので、私は夫が日頃からお風呂上がりに使っているシーブリーズのローションを子供たちに塗ってあげればスースーするし、いくらかマシになるだろうと思い二人の息子たちに塗ってみるか聞いてみました。

子供たちはワクワクして、「早く塗ってくれ!」と言いました。

私は長男の背中にローションをたっぷりと塗りました。すると息子はきゃーっと悲鳴をあげました。悲鳴といってもとてもうれしい悲鳴です。そして、私はローションを塗った後に息子の背中にふーっと息を吹きかけました。するととてもひんやりしたようで息子は本当に気持ちがいい!と喜んでいました。これで涼しく眠ることができると言っていました。

暑くて毎日上半身裸になりたがる息子たちに困っていた私でした。裸でいることはいいのですが、吹き出た汗がそのままなので背中にダラダラとついて流れたままです。やはり、何回汗をかいてもきちんと綿のTシャツを着て欲しいと思っていました。

ですから今回あみだしたシーブリーズローションを塗る方法は、寝付きまでの子供たちを落ち着かせてくれる良い方法だと思っています。

シーブリーズって男性向けのものとばかり思い込んでいたけど、実は最近は女性のためにもローズやバニラの香りが付いたようなローションが売っているんです。一昨日ドラッグストアで初めて発見し、女性もさっぱりとしたローションを欲しがっているんだなと共感を覚えました。

でも甘い匂いは夏に暑苦しいので、私はメンソールのサッパリした香りのものがいいなと思っています。

子供用にも発売しないかなと思っています。